• 旧サイト
  • お問い合わせ
  • アクセス・連絡先
  • English

出版物・研究報告書

ホーム> 出版物・研究報告書 > ヒューマンライツ 2016年2月号(№335)

ヒューマンライツ 2016年2月号(№335)

欠格条項から“法制度に残る差別”を考える

(582 KB)

サイズ A5判
発行年月 2016年2月10日
編集発行・著者 (一社)部落解放・人権研究所 編集発行/㈱解放出版社 発売
価格

500円+税

年間定期購読 6,000円+税

テーマ:欠格条項から“法制度に残る差別”を考える

内容


ヒューマンライツ2月号 №335

欠格条項から“法制度に残る差別”を考える

障害者にかかわる欠格条項とは  臼井久実子………2
「塩田さんの吹田市復職と欠格条項訴訟を応援する会」から………11
  塩田さんが裁判を起こすようになったいきさつ  細田捷代…11
  裁判で主張していること            片岡次雄…15
障害者が地域で働き、安心して暮らしていくために  明石洋子………17 

明日をかえる法人―新たな人権への取り組み
第13回 子どもの居場所を確保する―大阪「子どもセンターぬっく」の取り組み   森本志磨子………24


職場におけるメンタルヘルス―ストレスチェック制度義務化を踏まえて(後編)
                          渡辺洋一郎………32
わたしの視点―メディアの現場から
第6回 二つの「偏見」批判に思う   江藤 深………38

富士高校放火事件から考える複合差別
第4回 放火の動機と同性愛   石田 仁………42

連載 ゆっくり考えていきたい「合理的配慮」 第21回
―「待つ」という新しい慣行(文化)をつくる    松波めぐみ………48

差別禁止法を求めます―差別事例の調査から見えてくるもの
第8回 HIVに関わる差別事例    HIV調査チーム………52

人権教育の実践の現場から19
生き抜く力を育てるために~子どもとの関わりから気づかされたこと~(後編)
             東大阪市立意岐部中学校  中原智昭………60

連載 誰がために腹は鳴る(22)  社納葉子………64
―その「支援」は誰の、そして何のためですか?
連載 走りながら考える  北口末広………68
−−第174回  全国水平社創立100年を展望するⅡ      
連載 本の道草 第23回  冠野 文………72
―病とともに生きる     
連載 映画を通して考える「もう一つの世界」 映画で考えるレイシズム(24) 中村一成………74

連載 4コマまんが ガッツせんべい(93)
カボチャのタイタン   くぼ たかし……23
第41回 部落解放・人権西日本夏期講座のご案内……47
各地の行事……78
人権をめぐる動き……80