• 旧サイト
  • お問い合わせ
  • アクセス・連絡先
  • English

出版物・研究報告書

ホーム> 出版物・研究報告書 > ヒューマンライツ2016年7月号(№340)

ヒューマンライツ2016年7月号(№340)

相談の役割

(615 KB)

サイズ A5判
発行年月 2016年7月10日
編集発行・著者 (一社)部落解放・人権研究所 編集発行/㈱解放出版社 発売
価格

500円+税

年間定期購読6,000円+税

テーマ:相談の役割

内容


ヒューマンライツ7月号 №340
特集  相談の役割

相談とは―社会的機能を理論的に考える   須藤八千代………2
『男』悩みのホットラインの取り組みから見えてくる課題   三宅克英………9
暮らしに根付いた相談の力
継続して見守る「よろず相談」の解決力  橋井幸子さん………16
つながりを介して地域社会でできることを見つける 橋本知恵子さん………20

わたしの視点―メディアの現場から
第8回 正当化される女性軽視の発言―子育ては最大の喜びなのか
                    共同通信社 田中なつみ………26
人権教育の実践の現場から(23)
一人ひとりがつくる授業~知る・つながる・安心感のある集団づくり~(前編) 高槻市立赤大路小学校 阿部香里………30

子どもたちと向き合う ―家庭児童相談室から―
第1回 家庭児童相談室の相談業務        香渡清則………34

連載 ゆっくり考えていきたい「合理的配慮」 第26回
―「葛藤なき啓発」は何のため?      松波めぐみ………38

調査結果からみる部落問題のいま 
第5回  「特別措置法」終了後の部落問題に関する差別事件の動向
        ―『全国のあいつぐ差別事件』から考える(後編)   本多和明………42
東日本大震災―被災地域での学びから
第28回 あの日を経験して思うこと    熊谷菫………52
各地の人権研究所の取り組み 第11回
豊かな人権文化の創造と地域社会の発展を
       一般財団法人 奈良人権部落解放研究所 大平和幸………54

国際学術大会“衡平運動を再び考える”
第4回 国際学術大会 第二部―午後の部(その2)    矢野治世美………58

連載 誰がために腹は鳴る(27)  社納葉子………64
―嘘をつくのは悪いことですか?
連載 走りながら考える  北口末広………68
−−第179回 今、日本国憲法が危ない      
連載 本の道草 第28回  冠野 文………72
―理想はどこか遠い未来にあるんじゃない

連載 映画を通して考える「もう一つの世界」 映画で考えるレイシズム(29) 中村一成………74

連載 4コマまんが ガッツせんべい(98)「あれ」「それ」 くぼ たかし……25
第47回高野山夏期講座2016部落解放・人権夏期講座(案内)……51
書評 黒川みどり著『創られた「人種」―部落差別と人種主義』  内田龍史……62
各地の行事……78
人権をめぐる動き……80