• 旧サイト
  • お問い合わせ
  • アクセス・連絡先
  • English

講座・イベント

ホーム> 講座・イベント> 「ネット上のレイシズムの研究者より、部落...

2017年09月10日(日)

第2回「ネットと部落差別」研究会 ー公開研究会ー

「ネット上のレイシズムの研究者より、部落差別の実態把握のために」

(264 KB)

受付中

主催一般社団法人部落解放・人権研究所 第六研究部門

公開研究会

「部落差別解推進法」第1条では「情報化の進展に伴って部落差別に関する状況の変化が生じている」とあるように、現在、インターネット上での部落差別の深刻化が大きな課題となっています。そのため、研究所では「第6調査研究部門」に「ネットと部落差別」研究会を立ち上げました。今後、ネット上の部落差別の実態を把握し、ネット対策や被害者救済等について研究していきます。

日時 2017年09月10日(日)14:00~16:00
参加費 参加費1000円 *研究所会員は無料
定員 50名程度
対象 どなたでもご参加いただけます。
内容 1.報告「ネット上のレイシズムの研究者により、部落差別の実態把握のために」

高史明さんは、在日コリアンに対するレイシズム(民族偏見・差別)について、特にインターネット上での表出され方やインターネットの利用と偏見の強さの関連性などに着目して実証的研究を行ってきました。今回はその主だった知見を紹介しつつ、ネット上での部落差別の実態調査に活用できるポイントを探ります。

東京大学特任講師・神奈川大学非常勤講師 社会心理学者 高史明(たか ふみあき)


研究会終了後、希望者で交流会を予定しています。会場は弁天町駅付近です。
是非、ご参加ください。詳細は、当日お知らせいたします。

次回は10月29日を予定しています。
参加申込方法 別紙案内をご参照ください
お問い合わせ先 一般社団法人 部落解放・人権研究所  調査・研究部
TEL : 06-6581-8572

申込期限 9月8日(金)