バンジュール憲章【バンジュールけんしょう】 Banjul Charter(African Charter on Human and Peoples' Rights)

 1981年6月27日、ナイロビで開催されたアフリカ統一機構Organization of African Unityの元首首長会議において採択され、86年10月21日に発効した〈人および人民の権利に関するアフリカ憲章〉のこと。奴隷貿易や植民地的収奪の対象となってきたアフリカ地域の多くは、第2次大戦後、非植民地化の流れのなかで解放され、国家として独立したが、かつての宗主国への従属的な経済構造はそのまま残された。こうした状況の下で、アフリカ諸国の人権に対する対応の仕方がバンジュール憲章には色濃く反映されている。前文では、アフリカ固有の歴史的・社会的な特殊性に言及して、個人の権利だけでなく、家族や社会、国家その他の共同体に対する義務が強調されている。また〈人民の権利が存在し尊重されることが、必然的に人権を保障する〉(前文)として人民の権利を重視し、個人の生活が家族や社会などの集団と密接に結びついている社会構造を映し出している。

 他方で〈人民がその尊敬と真の独立を求めて闘っているアフリカの完全な解放を達成する諸国の義務〉(前文)に言及するなど、植民地的な状況からの解放への強い意欲が随所でくり返されている。憲章で規定されている人権の多くは市民的、政治的権利のカテゴリーに属するものであって、社会権に関しては一般的な規定にとどまっている。人民の権利としては、人民の平等(19条)、自決の原則(20条)、天然資源に対する永久主権(21条)、発展の権利(22条)等が掲げられている。実施措置のための機関として〈人および人民の権利に関するアフリカ委員会〉が設けられている(30条)が、*ヨーロッパ人権条約*米州人権条約にみられるような人権裁判所は認められていない。

(中井伊都子)

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:33 (1300d)