原子力発電所【げんしりょくはつでんしょ】

#ref(): File not found: "genshiryoku_hatsudensho.jpg" at page "*原子力発電所"

 原子力発電所は,現代社会において,もっとも危険な存在である。この発電所が建てられているのは,たいがい,岬の陰や人通りのない海岸線など,人目につかない場所で,それも警戒がきわめて厳重である。だから原発を見たことのある人は,きわめて限られた数でしかない。たとえ特別の許可を得て見学したにしても,見せられる範囲は、ほんの一部の区域でしかない。

 それでも,事故や定期検査などのときには,膨大な数の身分不安定な労働者が投入され,それぞれ被曝する。これらの危険な仕事に従事させられるのは,大都市の*寄せ場にいる,身分不安定な労働者であったり,農村からの出稼ぎ労働者たちであり,いわば下層労働者が,日常的に被曝させられている。

 その一方で、本社の社員たちは,原発とははるか離れた安全な都会で生活し,現地にいる社員も危険な場所に入ることはない。危険作業は,下請け企業が雇った日雇い労働者に与えられる。たしかに,鉄鋼や造船などの重工業や建築業などでも,危険な労働には日雇い労働者が投入されているとはいえ,日常的に被曝し,確実に身体を蝕むという意味では,さらに差別的である。もしも,半失業状態の不安定労働者がいなければ,原発は稼動しない。その意味では,この産業がきわめて前近代的な産業であることがわかる。

 原発は,1960年代にいくつかの自治体が誘致して建設されはじめたが,このときは,マスコミの<原子力の平和利用>とか,<第三の火><クリーン・エネルギー>などの宣伝をバックに,発展から取り残されていた辺境の地が狙われた。しかし,1979年3月のアメリカ・スリーマイル島での事故,86年4月のチェルノブイリの大事故などによって,原発建設予定地での,反対運動が強まった。

 このころになると,原発は<大工場をつくる>などの嘘と頬っぺたを札束で張るような用地の買収,あるいは,議員などに対する公然たる接待や選挙干渉などの汚いやりかたで進出するようになる。尋常な手段ではどこも引き受けない,ということに,原発の地域との関係が表されている。原発は僻地につくられるため、伊方・福井など、周辺に被差別部落があるケースもみられ、そこの住民が下請け、孫請け労働者として働いている。

 日本では,すでに50数基の原発が稼動し,これからもなお建設されようとしている。しかし,これは世界の趨勢からみれば異常というしかない方針である。原発建設は,電力会社よりも国の<原子力政策>によるものだが,この異常な推進は,世界からみれば<核武装>につながる,と疑われても仕方がない。原発大国といわれてきたアメリカ,フランスでも,最近は新規建設はなされていない。カナダ,ドイツも脱原発の傾向にあり,ドイツのシュレーダー政権は原発廃止の方向を打ち出した。再処理工場や高速増殖炉の建設も中止している。事故が発生するまで,猛然と建設する日本とは明らかに違う理性が働いているのである。イギリス,スペイン,デンマーク,イタリア,スイス,スウェーデンなども,凍結,あるいは廃棄が決定されている。

 一方,日本はいまなお,六ヶ所村(青森県)に再処理工場の建設を進めている。ところが,ここにイギリスやフランスから運ばれてきた高濃度,高温の核廃棄物を,そのあとどこに運んで棄てるのか,その<最終処分場>や,どのような処分方法にするのかなどは,いまだ決まっていない。

 全国の原発から発生した,使用済み核燃料などの廃棄物は,再処理工場でプルトニウムを取りだし,高速増殖炉で燃やす,という<核燃料サイクル>構想は95年12月〈もんじゅ〉の事故によって破綻した。海外から運ばれるプルトニウムは,原発で使用する,との<MOX計画>が進められているが,きわめて危険との反対が強まっている。これまでも東海村の再処理工場や敦賀原発での冷却水洩れ事故,さらに99年9月に東海村の核燃料加工会社JCOが国内初の臨海事故をひきおこすなど事故が多発し、老朽化によってますます危険性が高まっている。原発の老化が急速に進み,廃炉が現実の課題となっているが,その処理方法や棄て場がこれから問題になる。これから各原発では,核燃料廃棄物がプール内にあふれるようになる。

 廃棄物は今後,何百年,何千年となく,廃棄された地域を汚染する。原発の利益を享受するものと被害をうけるものとがあらわれるが,原発と人間は両立しない。

 日本の電機メーカーや重工業は,中国,韓国,インドネシアなどのアジアに原発を輸出して,儲けを確保しようとしている。<死の商人>ともいえる。

(鎌田 慧)

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:39 (1358d)