国際年【こくさいねん】

国際年と国連の10年

 国際社会が1年間を通して一つの共通した問題に取り組む国際年は、通常国連総会の場で制定され、各国政府は官民合同の国内委員会を設立し行動計画を作成するように要請される。テーマは、国際連合がめざす平和・経済的および社会的発展・人権の促進などに関するもので、地球世界がかかえる大きな問題について、〈相互依存〉の精神に基づいて考え、それぞれの地域で行動を起こすことが、国際年の趣旨である。最初に制定された国際年は1957年の国際地球観測年で、以後99年の国際高齢者年までに32が実施されている。各国において中心的行事として盛り上がり、脚光を浴びるようになったのは75年の国際婦人年あたりからである。

 近年では、国際年は〈国連開発の10年〉の目標と深くつながりをつけることを考えて進められ、人権問題では<*人権教育のための国連10年>(1995〜2004)が制定された。これを受けて、国内では97年に国内行動計画が発表され、人権を重要課題とするさまざまな取り組みが提唱されている。


添付ファイル: filekokusainen.jpg 1120件 [詳細]

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:41 (1388d)