国連人権促進保護小委員会【こくれんじんけんそくしんほごしょういいんかい】 Sub-Commission on the Promotion and Protection of Human Rights

 *国連人権委員会によって1947年に設置された小委員会。略して人権小委員会【じんけんしょういいんかい】という。99年に名称を変更(旧名称:差別防止少数者保護小委員会【さべつぼうししょうすうしゃほごしょういいんかい】)。会期は年1回、4週間、ジュネーブで開かれる。小委員会は、*国連人権委員会において4年の任期で選出され、26人の専門家によって構成される。小委員会の特徴は、政府によって指名された専門家が、国家代表としてではなく個人的資格において任務を遂行するところにある。権限と任務は、*世界人権宣言に照らして研究を行ない、人権委員会に勧告を行なうことである。また、67年以降の国連人権委員会の活動の活発化に伴い、人権侵害についての個人からの通報や一貫した大規模人権侵害に関する通報を受理し、審査する権限が与えられた。委員が独立した専門家であること、人権侵害の通報を受理し、審査する権限を有することから、小委員会には国連協議資格を有する*NGOをはじめ多くの人権NGOが毎年オブザーバーとして出席し、ロビーイングも活発に行なわれている。

(米田眞澄)

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:42 (1388d)