資源リサイクル【しげんリサイクル】

 産業活動や家庭生活から発生した不用物のうち,処理料金を支払うものを廃棄物,無償もしくは有償で引き取られるものを再生資源【さいせいしげん】という。法的にいえば前者は,工場などから排出される産業廃棄物と家庭・商店などから出る一般廃棄物に分けられ,後者は古紙・古布・金属類・食品残渣などである。これらの収集・運搬・処理には被差別部落出身者がかかわる割合が高く,市町村が処理責任を負う一般廃棄物の収集には,〇堋村の職員になって,一般家庭のごみを収集する業務、∋堋村から委託を受けて,特定された地域のごみを収集する業務、市町村から収集業の許可をもらい,ビル・商店などから排出される事業系一般廃棄物を主に収集する業務の3つの制度に関与している。また産業廃棄物に関しては,都道府県・保健所設置都市の許可を受け,収集・運搬・処理業務にかかわっている。

 これら廃棄物処理業【はいきぶつしょりぎょう】は厚生省管轄下にあり,廃棄物の増加とともに業務も拡大してきたが,環境問題の深刻化・埋め立て地の立地難に伴い,廃棄物の減量・リサイクルが求められるようになり,業務内容の転換を求められるようになってきた。しかし,排出者がごみ問題に無関心であったしわ寄せを,業務に携わる者が負ってきた背景があり,転換は容易ではない。排出者は,法的に区分けされた産業廃棄物と一般廃棄物,あるいは産業廃棄物と再生資源などを混合状態で排出するが,収集業務に携わる者はこの違法性を是正できず,そのまま埋め立てざるを得ないことが,香川県の豊島をはじめ,全国で埋め立て地建設反対運動を激化させる一因となっている。これらの深刻な矛盾を,部落解放運動の一環として世論をリードする運動にまで発展させている例はあまりない。

 これに対して再生資源のリサイクルにかかわる業務は,廃棄物処理のように管轄する国の機関が一元化されていないこともあって,不用物が増大したにもかかわらず大半が廃棄物になってしまっている。そのため,再生資源回収業【さいせいしげんかいしゅうぎょう】は発展できず,被差別部落内でも,廃棄物処理に携わる者との格差が広がっている。たとえば食品残渣は,養豚の飼料として有償で取り引きされる再生資源であったが,養豚業が都市近郊で立地し難くなったこと,飼料化する費用が高くなり有償で引き取れなくなったことから廃棄物に変わってしまい,廃棄物処理業者によって収集され焼却される割合が著しく増加し,再生資源業者の仕事が減少した。

 被差別部落の重要な産業である2つの事業の間に横たわるこの矛盾を解消するには,廃棄物処理を重点にした国の制度を,再生資源化を中心にした制度へと改めていく必要がある。大半の不用物は,発生源で粗分別したうえで,収集後,精選別すると再生資源化でき,廃棄物になる量を大幅に減らすことができる。人手により行なわれるこの分別作業の大半は,人件費の安い女性・障害者・被差別部落関係者・在日外国人などによって担われてきた。それであっても,製品が再使用・再利用のしやすさより使用時の便益を最優先して作られているので,分別がしにくいうえに排出段階での粗選別さえ十分なされず,危険な異物が混じってしまうため,分別費用が高くなってしまう。

 ところが廃棄物と違い,再生資源の場合にはこの費用を排出者が負担するのではなく,再生資源業者が負担することになっている。再生資源業者はその費用を売価に転嫁できないので,排出者に負担を求めようとする。すると有価物ではなく廃棄物になるので,廃棄物処理業の業務になってしまい,仕事を譲らざるを得なくなる。

 したがって,再資源化に要する費用負担を製品の製造者・流通業者・使用者に求めていけば,2つの事業間の矛盾は解消の方向に向かう。容器包装リサイクル法【ようきほうそうりさいくるほう】(1995.6.16)の規定で,容器の製造・販売事業者にリサイクルに要する費用の一部を負担させるようになってきたのを受けて,再生資源業者も行政が行なうリサイクル業務に参画しやすくなり,容器包装リサイクル法の対象品目に限り,委託を受ける業者も出てきている。廃家電リサイクル法【はいかでんりさいくるほう】(1998.5月成立)も同様の趣旨になっており,2001年(平成13)の施行による効果が期待される。これによって製品の価格は上がるが,それは環境・再生資源化に携わる人に対する〈つけ〉を先送りしないことを意味するから,環境・差別問題の解決に貢献することになる。

 再生資源業の一つである,自動車解体業に携わる京都府八幡市の部落解放運動は,上記の方向を志向して運動に取り組んだ。その結果,バッテリーの資源化に要する費用は,バッテリーの製造業界が負担するようになるなど,一定の成果を収めている。

→*自動車解体業

(森住明弘)

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:44 (1417d)