人権週間【じんけんしゅうかん】

 *国際連合【こくさいれんごう】は1950年(昭和25)12月4日の第5回総会で,*世界人権宣言【せかいじんけんせんげん】採択の日である12月10日を〈人権デーHuman Rights Day〉と定めた。わが国もこれを受けて,毎年12月10日を最終日とする1週間を〈人権週間〉とし,関係諸機関や諸団体と協力し,広く国民に人権意識の高揚を呼びかけている。*法務省人権擁護局と全国人権擁護委員連合会【ぜんこくじんけんようごいいんれんごうかい】がタイアップして,講演会・座談会・映画会などを開くほか特設人権相談所【とくせつじんけんそうだんしょ】の開設,街頭啓発,新聞・テレビ・自治体広報紙による啓発やポスター・チラシの作成配布などの行事を実施している。

 なお人権擁護機関【じんけんようごきかん】では76年以来,年間を通じての啓発活動の重点目標として〈人権の共存――互いに相手の立場を考えて豊かな人間関係をつくろう〉を定め啓発活動を行なっている。人権週間でとくに強調する啓発テーマは,〈人権の共存〉〈部落差別の解消〉および〈女性の地位向上〉の3点が中心となっている。このほか憲法週間【けんぽうしゅうかん】(5月),法の日週間【ほうのひしゅうかん】(10月)などにも啓発活動を実施している。

(藤原 惠)

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:48 (1295d)