世界人権会議【せかいじんけんかいぎ】

 1993年6月14日から25日まで,オーストリア・ウィーンで開催。〈世界人権宣言〉の採択20周年を記念して1968年にイランのテヘランで開かれた〈国際人権会議【こくさいじんけんかいぎ】〉から25年目という節目に国連が開催した国際会議。この会議は,ベルリンの壁の崩壊した89年にその開催が正式に決定された典型的なポスト冷戦期の地球的課題に関する国連の会議であった。この会議の開催に先立って,アフリカ,ラテン・アメリカ,アジアにおいてそれぞれの地域会合がもたれたが,なかでも,アジア地域会合で93年4月2日に採択されたバンコク宣言では,人権を開発援助の条件とすることの禁止,国家主権の尊重,領土保全の原則ならびに国家の内政不干渉,政治的圧力としての人権の不使用,国家の政治制度の決定権など,とくにアジア地域のある国々の人権の〈押しつけ〉に対する警戒心を解くための配慮が示されている。このような根回しが功を奏し,ウィーンの政府間本会議では,〈すべての人権及びすべてのものの基本的自由の普遍的尊重,遵守,及び保障〉を確認する*ウィーン宣言および行動計画が,全会一致で採択された。この行動計画は,*NGOからの働きかけのもとで盛り込まれた文言も多い。たとえば,女性NGOが〈女性の権利は人権である〉として〈女性への暴力〉撤廃のキャンペーンを張ったことが功を奏して,〈女性の平等な地位及び女性の人権は,*国際連合全体の活動の中心に統合されるべき〉こと,〈公的,私的生活における女性に対する暴力の撤廃〉が行動計画のなかに盛り込まれている。行動計画は,また,先住民族,マイノリティ,労働者,子ども,難民と避難民,移住労働者,障害者の権利についても,国連加盟諸国の合意事項を確認している。さらに,人権高等弁務官の制度確立を提案するなど,国連における人権実施制度の強化についても一定の貢献をしたということができる。

(武者小路公秀)

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:49 (1294d)