世界人権問題研究センター【せかいじんけんもんだいけんきゅうセンター】

 1994年(平成6)11月22日,学術研究の公益法人として文部大臣から認可され,12月1日,京都市中京区に開設。<平安建都以来さまざまな外国文化を摂取し,国際性豊かな文化を築きあげるとともに人権問題にも深くかかわった京都の地に><平安建都千二百年の記念事業の一つとして、21世紀を展望する世界的なひろい視野から人権問題を研究する>と設立趣意書に記されている。京都府・京都市に経済界・学界も支援し,初代理事長に*林屋辰三郎,所長に田畑茂二郎が選ばれている。研究体制は,第1部:国際的人権保障体制、第2部:同和問題,第3部:定住外国人の人権問題,第4部:女性の人権問題の4部門で,共同研究と個人研究に取り組んでいる。人権図書室を一般に開放し,人権大学講座の開設や仏教大学との提携講座,講演会などの啓発活動に加えて,研究紀要(年刊),情報通信誌『グローブ』(季刊)を刊行。『京都人権歴史紀行』(1998)や『人権歴史年表』(1999)などを出版した。第1部の研究は,文部省の科学研究費も受けている。97年より理事長・上田正昭。

(大島 啓)

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:49 (1295d)