村八分【むらはちぶ】

 日本の村落社会で慣行的に行なわれてきた制裁の一種。ムラの共同生活の秩序を破った者に課せられ,絶交・除外の処分が一般的。〈村八分〉は,主要な村づきあいの機会が10種類あるとして,火事と葬式の2種類を除く8種類の交際を絶つことに由来するといわれるが,俗説にすぎない。村ハブキ・村ハジキなどと呼ぶ地方もあり,それらと同系の語であろう。ナベカルイ・カンナベカルワセなどとも言い,方言は数十種類にのぼる。処分者に課した特別の措置からアカズキン・イチニンシュウ・ナワオビなどと言う所もある。村落共同体の責任で秩序の撹乱・不行状を改めさせるところに主眼があり,改悛が認められれば一定の手続きを経たうえで村への復帰が許された。このような制裁は古くから行なわれており,中世の惣村の掟【そうそんのおきて】や近世の村法のなかにその例をみることができる。封建社会では領主も村落内部のそうした共同体的制裁行為に介入せず,むしろ利用した。明治以降においても村規約に制裁を定めたものがあるが,1909年(明治42)の大審院判決により脅迫あるいは名誉毀損の犯罪行為とみなされ,国法上は禁止された。しかしひそかに発動される例は後を絶たず,多数派による少数派への,全体の名による自立した個人への,陰湿な排除の手段として利用された。第2次大戦後は人権意識の高まりにより,旧態のような〈村八分〉は村落生活からほぼ消滅したが,場面を変えた〈なかまハズシ〉にはなお一脈通ずるものがある。

参考文献

  • 守随一「村ハチブ」(民間伝承の会編『山村生活の研究』、1937)
  • 水本邦彦「公儀の裁判と集団の掟」(朝尾直弘他編『日本の社会史』5、岩波書店,1994)
(中村正夫、松下志朗)

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:50 (1417d)