日本国民救援会【にほんこくみんきゅうえんかい】

 略称・国民救援会【こくみんきゅうえんかい】。弾圧による犠牲者やその家族の救援,民主的諸権利を守ることを主要な任務とする組織。前身は1928年(昭和3)4月に*3・15事件【さんいちごじけん】や労働運動の犠牲者救援のために組織された解放運動犠牲者救援会【かいほううんどうぎせいしゃきゅうえんかい】と,31年小作争議などの犠牲者救援のための労農救援会【ろうのうきゅうえんかい】。戦後の45年10月解放運動犠牲者救援会として再発足し,勤労者生活擁護協会(1946.1)、労農運動救援会(1947.1)などを経て51年に改称し現在に至る。*松本治一郎【まつもとじいちろう】,*難波英夫【なんばひでお】らが会長を務めた。

(本田 豊)

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:53 (1300d)