日本婦人会議【にほんふじんかいぎ】

 <憲法の保障する豊かな生活と民主的権利,世界の平和と女性解放をめざす>ことを目的として1962年(昭和37)4月14日結成。機関紙『女のしんぶん』(月2回刊)を発行。全国に県本部・支部があり,女性労働者を中心に幅広い女性で構成されている。主な活動は―性の権利を守り,差別をなくす活動,環境とくらしを守る活動,H鶻法と神錙な刃臓し法を守る活動,そ性の政治参加をすすめ,国会や自治体議会に多くの会員を送り出す活動で,部落解放同盟と連帯し,部落差別をはじめあらゆる差別をなくす運動に取り組んでいる。とりわけ,部落差別と女性差別の二重の苦しみに負けずに闘いつづけている解放同盟の女性たちとの連帯・交流を深め,さらに幅広く,<*部落解放を考える婦人の会【ぶらくかいほうをかんがえるふじんのかい】〉の活動や狭山現地調査など積極的に参加している。本部は東京都文京区、議長は津和慶子(1999年現在)。

(小川ルミ子)

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:53 (1300d)