米州人権条約【べいしゅうじんけんじょうやく】 American Convention on Human Rights

 1959年4月にチリのサンティアゴで開催された米州機構(OAS)第5回外務大臣協議会は米州人権委員会の設置を決議し,米州人権条約案の作成を米州法律家理事会に委ねた。草案はサンティアゴ草案】と呼ばれ,きわめて野心的なもので,自由権のみを定める*ヨーロッパ人権条約や,自由権と社会権を別々の条約で定めた*国際人権規約とは異なり,自由権と社会権を同一の条約のなかで保障し,それを確保する実施機関の設立などをめざした。

 草案採択後,6年間もたなざらしにされたが,65年に米州特別会議が取り上げ,翌66年から米州人権委員会が検討した。米州人権委員会は,民族自決権や社会権に関する規定を全面的に削除し,サンティアゴ草案の自由権規定のみを中心とする草案を作成した。保障する人権は,国際人権規約の自由権規約に類似するが,カトリックの影響や,ラテンアメリカの政治状況を反映する規定などもみられる。米州人権委員会【べいしゅうじんけんいいんかい】のほか米州人権裁判所【べいしゅうじんけんさいばんしょ】を新設した。69年11月22日,米州人権専門会議で採択され,78年7月18日に発効した。

(芹田健太郎、金 東勲)

トップ   差分 リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 21:09:55 (1388d)